サエル シミ

MENU

敏感肌はシミができやすい…

敏感肌が肌のバリア機能が弱いことはご存知ですか?
肌バリアが弱いとまず水分保持がうまくできない、そして外部刺激にとても弱いんです。
その外部刺激というのは、例えば花粉や化学物質による刺激など様々ですが、
実は紫外線の影響もかなり受けやすい、というのが特徴にあります。

健康な肌は紫外線による影響もある程度カットする力がああり、刺激を受けても小さな炎症で済むのに対し
敏感肌は肌表面がボロボロ状態な為紫外線の影響がダイレクトなんです。
その為過剰にメラニンが発生し結果とてもシミができやすい肌、そしてシミ肌になってしまいます。

 

サエルはなぜ敏感肌でも使えるのか

 

サエルが何故敏感肌でも使用できるのか、私が一番気になったのはここでした。
敏感肌用と言われてもなぜ敏感肌が使えるのか、そこが分からないと美白系スキンケア商品というのは敏感肌にとって刺激の強いものなので使用するのは怖いですよね。

そこで今回サエルについて徹底的に調べてみました!
すると、アプローチが他の美白系商品とは全く違うからということが分かったんです。

サエルの敏感肌+美白へのアプローチ3ステップ

 

サエルはそもそも根本が敏感肌ケアを土台にしたアプローチになっています。

ステップ1

白くするための有効成分に着目するだけでなく、
まずは敏感肌をケアしてそもそも外部刺激に強い肌作りを行う。

 

ステップ2

次に紫外線での炎症を鎮め美白成分が効きやすい肌の土台を作る。

 

ステップ3

美白有効成分を与える

 

ここから見えてくるのは敏感肌に普通の美白ケア商品はヒリヒリするだけで効果が無い、ということです。敏感肌は敏感肌をケアしないとメラニン生成のスピードに負けちゃうんですね(´・ω・`)サエルはそこに着目しているので、敏感肌用というよりは、敏感肌ケア+美白を叶える商品となっています。

 

 

それぞれのステップごとにサエルの成分に注目してみる

 

ステップ1の成分:まずは徹底的にバリア機能をスキンケアで高める

サエルのクリームにはバリア機能を高める設計と技術が使用されており、敏感肌のそもそもの問題
バリア機能が弱いことをカバーできます。

 

ステップ2の成分:次に炎症や参加を徹底的に抑える

 

抗炎症のコウキエキス

紫外線のダメージで肌内部に起こる炎症を鎮める作用

 

抗酸化のムラサキシキブエキス

紫外線で発生した活性酸素はシミの元!抗酸化の力でシミができにくい肌を作ります

 

血行促進のアルニカエキス

結構の通りが悪いとターンオーバーが乱れたり乾燥を招く!血行を良くして健やかな肌を作ります

 

ステップ3の成分:土台ができてやっと美白にアプローチ!

 

エスクレシド

シミの原因に直接効く作用でシミができにくくして、肌の透明感を作る

ディリリー

黒色のメラニン化ではなく肌色のメラニンかへと導きシミを抑える

ハイスピード・メラノリターン処方

 

ディセンシアのオリジナル処方でビタミンC誘導体、ムラサキシキブエキス、コウキエキスを使って
黒になりかけた肌をササっと白い肌へ導く

 

サエルは理論的に敏感肌のシミレス肌を叶える

 

サエルのアプローチや成分を知れば何故今まで市販の敏感肌に美白スキンケアが効かなかったのか、ヒリヒリしていたのかがよくわかる気がします。
 
そもそも敏感肌には確実に敏感肌ケアが根本大事になってくるということです。
調べることでサエルが敏感肌+美白の最も正しいスキンケアであると確信しました。サエルの理論でいくと敏感肌がシミレス肌になれるのもわかります。気になった方は是非トライアルセットからお試しくださいね!手数料送料無料でお肌に合うか合わないか分かるのでお手軽です★ちなみにもしもの時の保証もありますよ^^

あとは気になる効果ですが…
実は私、サエルを買って実際に効果があるのか、ヒリヒリしないのか試してみました!かなり辛口に体験レビューしてみましたのでご興味があれば是非見てみてください◎