ディセンシア 保湿

MENU

保湿の落とし穴

 

 

スキンケア商品を選ぶにあたって何を重要視しますか?敏感肌・乾燥肌ならやっぱり保湿力ですよね!しかし補うことばかりに目を向けていると大きな落とし穴にはまってしまいます。  

 

奪わない保湿にも目をやる

 

 

 

奪わない保湿…それはズバリ!クレンジングのことなのです。スキンケアで敏感肌がもっとも見過ごしがちで重要なものはクレンジングと言っても過言ではありません。

 

ディセンシアでよくある間違った使い方

 

ディセンシア商品は第一に敏感肌のせいでバリア機能が失われた肌に保湿を徹底的にしていく、というアプローチをとっています。
そこで消費者である私たちもスキンケア商品といえば!と、、化粧水、美容液、クリームのみに目が行きがちになりますが、実際には同時にクレンジングをディセンシア商品に変えていくことが完全なる保湿、脱敏感肌の形と言えるでしょうクレンジングについてまとめた記事がありますので気になる方はコチラをご覧ください。
クレンジングの危険性と重要性〜肌が弱い人のクレンジング選び方〜

 

 

つつむのクリームクレンジングはここがすごい

 

私がディセンシアの商品の中で使ってみて驚いたものの中にクレンジングがありました。ディセンシアつつむシリーズのクレンジングはクリームタイプ。実際に敏感肌にはオイルタイプは刺激が強すぎるため数あるクレンジングの中でもクリームタイプが理想と言われています。
 
しかしその反面濃い化粧は落ちにくいというマイナスな特徴もある為、手軽なオイルタイプを使う方がほとんどです(´・ω・`)クリームタイプで肌をゴシゴシするのも怖いなぁ、なんかも考えてしまいますよね。そこでディセンシアつつむのクレンジングを実際に使用してみて優秀だと思ったところをまとめてみました◎

摩擦軽減

つつむのクレンジングクリームには結構な弾力があるので肌と指の間でクッションの役割を果たし懸念されている摩擦が起こりにくいのが特徴です。

 

洗い流す合図が隠されている

肌でくるくるとなでているとオイル状にクリームが変化します。スルスルとした軽い触り心地になるのでその時が流し時。肌本来の保湿成分の奪いすぎを防いでくれます。

 

ウォータープルーフもちゃんと落ちる!

大事なのはここですよね。私は結構しっかり目なマイクをするので、(マスカラなんかはウォータープルーフで下まつげまできちんと濃く塗ります)化粧が落ちないクレンジングは最初から却下!なのですが…
つつむのクレンジングだときちんと落とすことができました!やっぱりオイルタイプのように簡単にスルスルと、というよりはきちんと洗ってあげなければなりませんが素晴らしい!と思いました。

 
ディセンシア商品を購入されてた方やこれから購入を考えている方の中にはクレンジングは今まで通りのものを使おうと思っている方がいると思います。でも私ならクレンジングを一番に買います。
 
スキンケアの中の必要悪、クレンジングが敏感肌になる原因でもあるので変わらず刺激たっぷりのものであってはいくら保湿したって意味がありません。クレンジングをいかに低刺激にするか、そして肌がもともと持っている天然保湿因子のセラミドを洗い流さないか、というところが敏感肌には本当に大切なポイントになります。 
 

まとめ

 

つつむのクレンジングは低刺激は勿論のこと肌本来の保湿成分の洗い流しに注意したり天然油を配合し肌の保湿に努めたり、と汚れを落とすこと以外のメリットがかなり高くできています。大事なのは補う保湿のみ!という誤解をされている方はこれを機に、クレンジングに気を使い根本の奪わない保湿にも目をやってみてください
 
保湿は奪わず与える、これが正解です^^

 

◎ディセンシアにはつつむ商品が全種類試せる上につつむのクレンジングが14日分個包装になって入っている超豪華トライアルセットがあります。公式ページを載せておきます^^

 

【経過動画付】超敏感肌の私がつつむ商品全種類を辛口体験レビュー!