ディセンシア 効果

MENU

ディセンシア商品で乾燥

 

 
私はディセンシアの商品を使って、数日後に肌が乾燥してしまいました。保湿を掲げているディセンシアなのになんで!?(涙)という裏切られた気持ちでいっぱいだった私はディセンシアの商品もやっぱ駄目か。。と最初は思っていたのですが、何がいけなかったのかなと少しずつ自分のことも含めて改めて考えてみました。
 

ディセンシアの間違った使い方で肌が乾燥している!?

 
 
色々考察したのですが、私の使い方が間違っていることがわかりました。笑
 
ディセンシアの商品、ケチって使ってないですか?私はケチって使ってました←おい
 
なぜならディセンシアの商品は伸びがいいそして吸収が早い!これが私がディセンシアのつつむを使ったときの最初の感想だったからです。だから私も何日か使ったのちに、少量の化粧水だけにしよう、クリームも伸びがいいし少しでいいかな、と段々と使う量が知らないうちに減っていったんです。残念ながら数日後にカサカサこそないものの乾燥感を感じました。
 
私がこの点に気付いたのも、ちょっとケチっちゃったもんなぁ…と思ってディセンシアが勧めている使用量に戻したらびっくりするくらい肌がプルプルになったからなんです。(笑)
 
ディセンシアの商品はセラミドが配合されているため肌への浸透がよく、潤った感じがとてもあります。しかし潤った感じが強い分、化粧水の量を自分で調整しがちになります。結果、使用量を勝手に減らしまくってしまいます(*_*;
 
やはり乾燥しているところにはたっぷりと補ってあげないと肌の根幹は強くなりません。ターンオーバーが整い、バリア機能が強くなってからは化粧水の量など調整しても大丈夫かもしれませんが、その時でもケチって使ってはダメです!ちゃんと最低必要量を心がけて使いましょう。肌が敏感な状態というのは簡単なバランスの崩れからくることもあります。
 
そしてまだ肌が不安定であったり乾燥のシーズン、季節の変わり目など肌が敏感になりやすい時期にはたっぷりと商品を使って水分を補い乾燥から肌を守りましょう。

 

伸びがいい!を誤解しないこと

 

伸びがいいのは少量で済むという意味ではなく基本的に使用する側が気持ちよく使えるから、というのと伸びをよくして全体に一定に塗り広げるためだと思います。
 

 ”伸びがいからちょっとで潤う”

という言葉を聞いたことはありますかよく耳にするような気がしますが、あれは言 い換えると”伸びがいいから全体には行き渡るけど勿論その分薄塗りになっていってます”だと思ってください。

 

 

まとめ

 

ディセンシアを使う目的は様々あるとは思いますが大きく分けると
@敏感肌でも安心して使いたい
A保湿して肌を強くしたい
Bアンチエイジングしたい
C美白したい
だと思います。少量で効果が欲しい、という目的はディセンシアを使いたいと思っている方の中にはいないはずです。問題の根幹に目をやり、商品を使うことを面倒に思ったり、ケチったりしては思うような効果も得られません。
 
ケチって使っても効果アリ!という誤解を
ケチって使っては効果も半減!に認識を変えましょう。
 
そして敏感肌に対しての提供価値の高さもディセンシアの特徴の1つなのでしっかりと使用していくことで自身の期待値を2倍3倍に越えていけるかもしれません。
脱敏感肌・最強保湿【つつむ】詳細
敏感肌とエイジングケアどちらもしたい!【アヤナス】詳細
敏感肌でも美白が叶う!【サエル】詳細
敏感肌をケアしながら最高の仕上がり【アヤナスBBクリーム】詳細