敏感肌 ストレス 

MENU

敏感肌と一言でいっても…

最近は敏感肌用の化粧品が多く目につきますよね。

同じ敏感肌でも原因によって選ぶべき商品は違ってくるってご存知ですか?
今回はそもそも敏感肌ってなんなのか、考えられる敏感肌の特徴から原因別改善方法・スキンケアを説明・紹介していきます。

 

そもそも…敏感肌ってなに!?

 

基本的に敏感肌とは肌が化学物質に対して敏感に反応してしまうことを言います。
化粧品だけじゃなくシャンプーなど私たちが日常的に使うものには多くの化学物質が使用されています。
 
肌に絶対的に良くないものから、使い続けることで支障をきたすもの、刺激の強いものなど様々です。
 
しかし”敏感肌かどうかを厳密に決定づけるなにか”はありません。
あくまで個人個人で自分は敏感肌なのかもしれない、と気付くしかないのです。

 

敏感肌の特徴は??

 

大きな特徴としてクレンジングや洗顔、洗髪、化粧品などの化学物質が顔に触れてしまったときに以下の症状がみられます。

・ヒリヒリとする
・赤くなる
・腫れているような気がする
・ぶつぶつができる
・肌がザラザラする

 

またもう一つ特徴としては原因物質が肌に触れてから比較的早く症状が出ます。ここがアレルギーとの大きな差になっています。

 

敏感肌の2つの肌特徴

 

肌が乾燥している

 

肌にとって乾燥状態というのは本当に良くない状態です。私たちは水を飲まないと脱水を起こし最悪死んでしまいます。肌もそれと一緒で乾燥状態は肌としての機能が死ぬ一歩手前を指します。

 

肌が乾燥していると、角質層の中でため込んでいる水分はどんどんと蒸発していきます。そして肌が乾燥していることでキメがバラバラとなった皮膚からはたくさんのウイルスが侵入しやすくなります。

 

そしてウイルスだけでなく、化学物質の刺激も受けやすいのです。
肌の乾燥状態が続くと、たとえ肌にとって刺激の強いものでなくても刺激が強い!と感じてしまう敏感な肌ができてしまいます。

 

 

皮膚が薄い

 

透明感があったり、肌のキメが細かく綺麗だったり、陶器のような肌をしていたり、こういった人は皮膚が薄い可能性があります。
実際私も人からは肌が綺麗だね、といわれますがかなりの敏感肌・トラブル肌です。
皮膚が薄いと水分保持をする力もその分弱く乾燥しやすかったり外部からの刺激に弱かったりします。重ねてシミもできやすいのが特徴です。紫外線の影響を受けやすいんですね。

 

 

代表的な5つの原因

 

原因はたくさんありますが多くの人に当てはまる代表的なものを書いていきます。

乾燥

敏感肌だから乾燥している、というわけじゃなく大抵乾燥肌だから敏感肌になっています。
ケアをしていなかったりもともと乾燥肌だったり、乾燥肌の人はいつ敏感肌になってもおかしくないのです。

 

皮膚が薄い

生まれつきのものです。

 

クレンジングや洗顔の仕方が悪い

肌をゴシゴシと摩擦したりすることで傷つけ乾燥を招き敏感肌になっていきます。

 

肌に刺激の強い製品を使用している

クレンジングもそうなのですが、そもそも化粧品には沢山の化学物質が入っています。
昔よりも今の時代は身の回りの物の中に沢山の化学物質が使用され、全く成分を気にせず使用することで
その化学物質に対してアレルギー反応を起こすようになったり、肌がもろくなったりし、結果敏感肌になったりします。
なので今の時代は敏感肌の商品が多く目につくんですね。それほど生活に添加物(化学物質)は溶け込んでいるということです。

 

ストレス・生活習慣

免疫が低下しているときに肌は敏感になりやすいと言われています。睡眠・食事・ストレスなどでホルモンのバランスや自律神経が乱れることによって免疫が弱くなり肌が敏感な状態に。今ストレスが原因の敏感肌に急になる女性が増えてきています。

 

原因別敏感肌改善方法

 

乾燥・皮膚の薄さ・クレンジングの仕方・刺激が強いものの使用が原因の場合の改善方法

 

大抵は自分にあった化粧品を選ぶことで改善されます。刺激の強い化学物質が入っていないか、肌をいかに潤わせてくれるか、敏感肌のことを考えて作られている商品か、などがスキンケア商品を選ぶポイントになります。

 

そして乾燥を改善させることがとりあえず一番の改善策です。肌にうるおいをためることができれば、ウイルスや刺激となるものの侵入を防ぎ、肌水分蒸発も防ぎます。感想を防ぐことで2つのバリアを手にすることができます。

 

ストレスが原因の場合の改善方法

 

睡眠を毎日7時間前後必ずとったり、いつも同じ時間に寝ることや、食事のバランスに気をつけるなど生活においての問題点を改善することで免疫力が高まり、次第に皮膚の症状も治まってきます。生活に問題があるかも、という方は一度見直してみましょう。

 

とは言っても…

 

ストレスによる敏感肌の原因を取り除くことってそんなに簡単なことじゃないですよね。忙しい毎日に追われ睡眠時間を確保したくてもできなかったり、なかなか自炊ができなかったり、日ごろのストレスも自分が原因じゃないことだってたくさんあります。

 

まさかの…ストレスに効くスキンケアがある

 

生活を見直すこともそうですが、敏感肌はスキンケアから変えていくことがまずは先決。今の時代は敏感肌用といっても原因からスキンケアが選べます。 

ストレス性敏感肌用 アヤナス

アヤナスは敏感肌用アンチエイジングラインですが、実は年齢とともにストレスで揺らぎやすい肌のケアや改善ができるスキンケアなのです!心理的ストレスによる敏感肌や肌ダメージを内側からケアできるという信じられないスキンケア。
口コミ評価も高く20代後半〜の女性に今最も注目されているスキンケアとして数多くの雑誌で話題になっています。ストレスを感じた時に肌荒れが起こっている人、年齢とともに敏感肌になってきた方におすすめの商品。

(実際に使用し辛口にレビューしてみました!)

乾燥性敏感肌用 つつむ

 

 

つつむは敏感肌が抱えている乾燥を徹底的に改善サポートするスキンケアです。ただ潤すだけでなく使い続けることでターンオーバーを正常にしたり肌のバリア機能を高めたり、脱敏感肌を目標としたスキンケアとなっています。

(実際に使用し辛口にレビューしてみました!)

 

まとめ

しっかりと自分の肌を見つめて原因を探っていくことで、改善方法だけでなく自分に合ったスキンケアを選ぶことができます。
なかなか改善することが難しい悩みでも、とりあえずスキンケアを変えることで悪化を防げたり、肌が健やかになったり、いい効果が期待できます。敏感肌の方が自分に合ったスキンケアと巡り合えますように。少しでも参考になれたなら幸いです。