肌が弱い クレンジング

MENU

肌が弱すぎる…そんなあなたがまず一番に見直すもの

 

肌が弱かったり敏感肌の人は化粧品を選ぶのも一苦労ですよね。何が合っていて何が合っていないか使ってみないとわからないから尚のことです。しかし肌に合わないだけが肌に悪いわけではないんです。肌が弱い、敏感肌だ、というあなたは化粧品よりも洗顔よりも、まずはクレンジングを見直してください。
クレンジングを使用してピリピリしたり肌荒れを起こさなくてもそのクレンジングで肌を弱くしている可能性が大いにあるのです。
そのまま何も気にせずクレンジングしていると、肌、死にますよ。肌が弱い!敏感肌だ!そんなあなたに一番合ったクレンジングはなんなのか今回は一緒に探していきましょう^^

 

クレンジングの中身

 

クレンジングの成分に注目したことはありますか?
クレンジングに含まれる代表的な成分は大きく分けて2つあります。

 

成分その1 油分

 

油分は化粧品の油分を浮かせる役目。

 

成分その2 界面活性剤

 

界面活性剤は油分で浮き上がった汚れを水に溶かし洗い流す役目。

 

油分で化粧を浮かせてもきちんと洗い流さないと汚れが毛穴に詰まったままになってしまいます。そこで界面活性剤できれいさっぱり洗い流すのです。

 

クレンジングの必要性と危険性

 

この界面活性剤は洗浄力が強く肌にある天然の潤いまで洗い流してしまう為、敏感肌には強い刺激となってしまいます。かと言って化粧を洗い流せないのも問題。化粧をきちんと洗い流さなければ肌表面で化粧が腐敗し結局刺激物質となってしまいます。

 

クレンジングは肌についた汚れや化粧を落とすという重要な役割を担う半面、肌への大きな負担となるのもまた事実なのです。
化粧をやめてクレンジングを使わないようにすることができれば理想的ですが、それでは本末転倒な気がします。。自分の肌に合ったできるだけ優しいクレンジングを使う為にクレンジングの種類について知識を入れることが何より重要です。

 

クレンジングの種類

 

クレンジングにはオイルタイプやジェルタイプ、クリームタイプなどたくさんの種類がありますよね。多く方はオイルタイプを使用しているんじゃないでしょうか?クレンジングは洗浄力だけでなくどれが肌に優しいのか、というのも1つの大事な基準です。それぞれの特徴を見ていきましょう。
 

ふき取りシートタイプ

オイルや界面活性剤も多めであり摩擦という点でも大きな刺激となりますが楽にメイクを落とせる、というメリットがあります。

オイルタイプ

一番油分も界面活性剤も多く配合されており、洗浄力は抜群です。短時間でしっかりと化粧をおとすことができますが、刺激が強く肌本来の保湿成分までも洗い流してしまいます。

 

ジェルタイプ

オイルをジェル状にしている為メリットもデメリットもオイルタイプとそう変わりませんがジェルは肌すべりがよく摩擦を低減させることはできます。また水溶性タイプのものはマスカラなどのメイクが落ちにくく他のクレンジングとの併用が必要です。(ジェルタイプでも水溶性タイプのものは低刺激)

 

クリームタイプ

オイルタイプに比べると洗浄力が劣ることもありますが摩擦を低減でき肌の保湿成分を落とすことなくクレンジングすることができます。成分としても肌への刺激も少なめ。

 

ミルクタイプ

肌への刺激が少なく乾燥しにくいというメリットがありますが洗浄力が弱く短時間ではメイクが落ちない為他のクレンジングとの併用が必要な場合がほとんど。

ダブル洗顔が基本!肌への負担や手軽さからダブル洗顔不要のものも人気がありますが、メイク落としに特化したクレンジングではホコリや古い角質は落とせない上、かなり刺激も強めなので要注意!

 

 

肌が弱い人におすすめのクレンジング

 

クレンジングの種類や特徴を見てもわかるように低刺激であり、なおかつ肌の天然保湿因子セラミドなどを一緒に洗い流さないクリームタイプかミルクタイプを選ぶのがベターです!

 

・肌への負担を一番に考えるならミルクタイプ
・肌への優しさと化粧の落ちを考えるならクリームタイプ

落ちないポイントメイクのみ優しくオイルタイプやポイントリムーバーを使うのもアリです^^落ちないと意味が無いですからね。

 

化粧品のお金のかけ方は、美容液→クリーム→化粧水→クレンジング→化粧品が理想と言われています。それほどスキンケアは美肌の根本ということです。クレンジングは薬局なんかで安価で売られていますが化粧品よりもお金をかけなさい、と言われるほどしっかりと選ばないといけないものなのです。
 

肌へ負担をかけないクレンジングのやり方

 

 

ゴシゴシと摩擦をかけてしまうことも大きな肌への刺激となってしまいます。クレンジングの量はケチらずにクッション効果もあるので1回500円玉を目安に使用します。

手でクリームやミルクをあっためて使用すると肌なじみがよく全体にうまく広がってくれます。肌を動かさないように顔の中心から外へ。小鼻や目元などのメイクを落とすときには指の腹でくるくるしましょう。決して指や手のひらでゴシゴシはしないように!

 

クレンジングでマッサージはダメ!擦る刺激は大したことはないですが、クレンジングの中身は化学物質なので肌に長時間当てていると乾燥を招いたりその後アレルギーになったりと刺激になってしまいます。

 

 

その後の洗顔ですがここでも摩擦低減のためしっかりと泡立ててから肌と手のひらが当たらないように優しく洗っていきます。

 

 

お湯の温度は冷水とお湯はNG!30〜32度くらいのぬるま湯で。熱いお湯は肌の乾燥を招き、冷たい水は汚れが落ちにくいというデメリットがあります。

 

 

そのあとはタオルではなくティッシュやキッチンペーパーで水分OFFがおすすめです^^

 

まとめ

 

たかがクレンジング、されどクレンジングです。敏感肌が悪化していくのはストレスや季節の変わり目なども原因にありますが、クレンジングを変えることで症状の悪化を食い止めたり、刺激に強い肌作りをすることができます。肌が弱い人こそクレンジングにこだわりをもってお肌をいたわっていきましょう。
私自身かなりの敏感肌なのですが、今超敏感肌の人に売れに売れているディセンシアのクレンジング2種を比較レビューしてみましたので良かったら合わせてご覧ください^^