Saiki 口コミ

MENU

Saiki-サイキ- とは

 

薬局で購入できる小林製薬から販売されている乾燥肌治療薬です。注目して欲しいのはこれは基礎化粧品ではないというところ。医薬品なのです。
 
梅子がかなりの乾燥性敏感肌ということで梅子母が購入し送ってくれました(:_;)ありがとう母。

 

Saikiの効果効能はこんな感じ

 

ついでに用法・用量と成分はこんな感じ

 

 

注目の成分としては

ヘパリン類似物質…内部に浸透し、バリア機能や保湿力を正常化させる
グリチルリチン酸ニカリウム…抗炎症作用(敏感肌用の化粧品にも使用されている)
アラントイン…乾燥や乾燥で傷ついた肌を回復させる作用

 

基底層の細胞が乱れると乾燥が起こります。サイキは上で紹介した成分などが合わさり、基底層まで浸透して肌を修復してくれるという医薬品です。

 

もちろん医薬品なので注意もありますよ!載せておきます◎

 

 

Saikiの口コミを見ていきましょう

 

【高評価口コミ】

ベタつかないのに保湿か完璧!浸透もいいので化粧前に使用してもなんの問題もないので嬉しいです。

鼻の乾燥や皮がむけていたところが一晩で治りました。手荒れまで治って今まで辛かった冬の肌荒れが改善。そして肌自体も柔らかくなり重宝しています。ハンドプレスすることで最初に気になったべたつきも気になりません!

肌に浸透していくのがわかります!肌も柔らかくなりますしもっちりします。医薬品という信頼もあり使い続けています。

 

【低評価口コミ】

 

最初はとてもよかったので、冬の乾燥が酷い時期にまた購入♪
しかしなぜか今回はヒリヒリするし乾燥も悪化し、全く肌に合わず捨ててしまいました。。

酷い乾燥肌なのですが使いだして5日で頬と口周りがヒリヒリ痛くなりだし使用を断念しそうです。。

口コミをみて購入しましたが乾燥が以前より悪化してしまいました。合う人には合うのかも…私はダメでした。残念です。

とにかくしみるし、ぶつぶつも出てきたので使用を中止しました。

肌が強い人向けの商品なの!?私には合わない。それに病院でローションを処方してもらった方が安いし、と思ってしまいました。

 

医薬品だからなのか、評価としてはあまり中間評価は無く高評価か低評価かはっきりと分かれていました。

 

梅子が実際に使用してレビューするよ

 

商品のラインナップはローション乳液タイプがありそれぞれに大小サイズがあります。
梅子母が送ってきてくれたのはコレです。

 

Saikiーさいきー100g(大きいサイズ)
2,400円(税込み2,592円)
ローションタイプのものです^^
 

 

 

 

少しとろみのある乳白色です。梅子的に乳白色のローションはなんだか好きです。特に理由はありませんがなんだか優しい感じがしますよね^^笑

 

初日

結構いい感じ♪浸透も早いし、可もなく不可もなく、どっちかというといいかも!という感じ。

 

2日目

おっ!なんか昨日よりもいいかな?サイキを使った後に自分のスキンケアを使用して大丈夫と書いていたので足りなく感じる保湿は自分のスキンケアで補いました。サイキお気に入りになりそうな予感。

 

3日目

医薬品ということで信頼しきっていた気持ちが…口元がかなりヒリヒリと痛くなってきて口周りが真っ白になりました。保湿力の高いクリームを夜塗って朝には白さは治りましたが皮が剥けはじめ痛さも尋常じゃない。。

4日目

痛すぎて使用を中止

5日目

サイキの説明書に5.6日使用して合わなければ使用を中止するように、と書かれていましたのでとりあえず5日は使用しないと、と使用しましたがもうヒリヒリに堪えられず顔を洗う始末。。

 

 

結果こんな肌になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

どんどんひどくなる。

 

ひりひりだけじゃなく赤くただれ、口周りは皮が剥けるほど乾燥しています。結局病院から処方されたプロトピックで肌荒れを治す、という本末転倒な結果に。

 

 

追記

 

先日お肌が大変なことになりました。サイキのせいではなくて極度のインナードライ状態が原因の脂漏性皮膚炎になりまして(長くは書きませんが出張中愛用のスキンケアを紛失)…で、ここでサイキを使用したらどうだろう、と思い恐る恐る使用してみたわけです。そしたらなんと結構即効性を持って改善!(若干のピリつきあり)
 
効果ありました。
 
何故今回は問題なく使用できたのか効果があったのかなど下で考察してみましたので是非!

 

梅子の考察

 

 

サイキは低刺激処方にはなっていますが、敏感肌で長年悩む方や酷い敏感肌の方は使用しない方がいいかと思います。病院で処方されるものに比べ薬局で購入できる商品なので合う合わないが激しいと思います。興味本位で購入するのはちょっとお金の無駄かも…

 

ちゃんと返金保証とかあれば嬉しいんですけどね(:_;)母はネットで2本セットで安く購入していたようです。が、もし肌に合わなかった場合が勿体ないのでその買い方はおすすめしません(>_<)
 
【追記考察】
サイキはインナードライが原因の激しい乾燥には効果があると思います。しかし敏感肌や炎症している乾燥肌には刺激が強いのも確かです。肌状態が不安定な時には使用しない方がいいでしょう。

 

先ほどの脂漏性皮膚炎の写真ですが、最初はもっと深刻な状態でした。最初はお湯さえしみる肌状態でしたのでサイキは使用しませんでした。確実にしみたりただれるのが分かっていたからです。

 

肌が落ち着きただの乾燥状態になった時に使用し効果を感じたわけです。
 
医薬品ですので潤いを与えるわけではなくて肌を正常にしたり修復したりする作用です。なので脂漏性皮膚炎のせいでボロボロ乾燥状態になった肌には医薬品としての効果があったのでしょう。(もちろんサイキを塗った後に潤い補給の為に効果的なセラミドにスキンケアを使用しました)

 

結論としまして敏感肌と乾燥肌(特に見えない内部炎症があ場合やその可能性がある場合)には使用はやめておいたほうがいいでしょう。私が追記であげた写真の肌乾燥状態を参考に、同じような肌状態の方へは使用をおすすめします^^ただ敏感肌だとピリピリするかも、ということを覚悟しておいてください!

 

【敏感肌×乾燥肌用】におすすめのスキンケア&サイキと合わせて使用したセラミドスキンケア

 

潤いを与えるという点ではセラミドをたっぷり含んだスキンケアがおすすめです。梅子はひどい乾燥性敏感肌ですがディセンシアのつつむという従来の4倍ものセラミドを含んだ商品を使用して症状が軽くなり、肌がどんどん綺麗になりまた。(上の写真はつつむ使用前。下の写真はつつむ使用後)
 
サイキを使用した時も潤いを与える為に使用していました。
 
つつむは全商品が試せるコスパ最強のトライアルセットもありますし返金保証もあるので試しやすい商品となっています。

 

サイキも合う人にはいいのかと思います。ただサイキの口コミと私の体験を見ても分かるように合う合わないが結構はっきりしてるので、梅子は日々のケアではディセンシア商品をおすすめします。

 

つつむは脱敏感肌を望める敏感肌用高保湿スキンケアです◎気になった方は覗いてみてくださいね^^ 

 

ちなみに肌状態が落ち着いている時や季節の変わり目以外にはディセンシアのアヤナスを使用しています。

 

アヤナスはセラミドインの敏感肌用高保湿エイジングケアラインです。こちらもトライアルセットがあります。